紫外線の悪影響のひとつ「活性酸素」

良い天気だなー。

と朝から運動しようと思ってましたが、昨日のNHKで朝夕の紫外線で
目を傷めるという内容をやっていたので二の足を踏んでしまいました。

日焼け止めも必須ですが、これからはサングラスも必須になりそうです。

目や肌の紫外線対策でいえることは抗酸化成分で酸化を予防することが
大切だってことですよね。抗酸化成分を摂取するのもいいですし、
肌に塗るのもいいと思います。

これからの季節は皮脂分泌が増えることも考えると酸化を防げてなおかつ
皮脂も防げるというビタミンCでケアすることが大切かな?と思います。

>>オバジCのニキビ・ニキビ跡への効果は?

うーん、しかし、紫外線というのはなんでこんなに人体にデメリットばかり
なんでしょうね。ビタミンDの生成に不可欠というメリットはありますが、
それにしてもダメージのほうが大きいような気がします。

噂によるとあえて紫外線に弱いように遺伝子操作されて寿命を短くされたとか
昔の天変地異の影響で降り注ぐ紫外線の量が変わってしまったとかいろんな話が
あります。

ちょっとSF小説の読み過ぎでしょうか。

アトピー性皮膚炎は大変だよ!?

体験したことがない人は年をとって老人性乾皮症になるのを待ってもらうしか
ないんですが、アトピー性皮膚炎は大変です。

完全治癒というのは難しくて症状が気にならなくなるまで抑えるというのが
治療の目標ということからもわかるように一生付き合う病気なんですね。

ステロイドなどを抗炎症作用のある薬で症状を抑えても冬になると乾燥して、
かゆみがでてきたり、夏になれば汗に反応してかゆくなったりと大変です。

春は花粉がとびかってますからそれに反応する人も多いはずです。

大人のアトピーになると顔や上半身にでやすいということでお腹とか目の周りが
乾燥して痒くなったり、首周りがジュクジュクしてきます。

乾燥肌だと思ったらアトピーだったというケースがよくあるように突然発症する
という点もやっかいなところなんですね。詳細:大人アトピーは突然発症する!

もともとアレルギー体質の人はストレスの影響で突如発症することがあるので
注意が必要です。新生活がはじまって1ヶ月ぐらいと5月になると疲れとストレスが
溜まってくる頃なのでこの時期ちょっと心配ですよね。

乾燥はもちろんなんですが、かゆみがアトピーの合図なので、体が温まると
かゆいとか汗をかくと痒いとかそういう症状があるようなら注意しましょう。

お勧めのメンズファッションは?

メンズファッションで人気の高いダウンジャケット。
とくに、2013年~2014年メンズファッションコーデ 冬では、
ファー付きダウンジャケットの人気が高いようです。
メンズスタイルの代表になりそうですね。

適度にボリュームのあるダウンは保温性が抜群で、
ファーは首元を暖めてくれます。
脱着可能なファーであれば、少し印象も変わり、
そのときの気分次第でオシャレに着こなせます。


実は、首は一般的に露出が多い部分なので、一番寒さを感じやすい場所なのです。
冷えやすい首元をしっかりとカバーすることで体の冷え対策にもなりますよ。


まだまだ寒さが続いていますが、体調管理にも気をつけましょうね!

肌美精の大人のニキビシリーズから出た「肌美精 大人のニキビ薬用美白クリーム」。
ニキビ予防やにきび跡のケアだけでなく美白とうるおいの機能を持った薬用美白クリームです。
このクリームはアクネ菌を増殖させる元の油分を大幅カット!
肌の表面に水の膜をつくるという新技術の「水のマスク効果」でクリームの配合成分をしっかり閉じ込めます。
殺菌・消炎・美白有効成分で大人ニキビを予防&ケアし潤いのある肌へ導いてくれますよ。
ベタつきのないジェルタイプのクリームです。

フレッシング アクネクリームは皮膚科でも使用されている成分イブプロフェンピコノールを配合しているニキビ治療薬です。
この成分がアクネ菌によるニキビの成長と炎症を抑えてくれます。
クリームの伸びがよく肌に塗っても白く跡が残らないのが特徴です。
白くならないので外出時にも気にせず使うことができます。
また爽やかな香りも!なのに弱酸性で低刺激、肌に優しいクリームです。
ニキビをキレイに治したい方にオススメのクリームです。

アポスティークリームは大人ニキビには欠かせないお助けアイテム!
顔・胸・背中と全身に使えます。
イブプロフェンピコノールがアクネ菌によるコメドの成長を抑え炎症も抑えます。
イソブロピルメチルフェノールがニキビの殺菌・消毒・化膿を防いでくれます。
また肌の代謝を高めるビタミンEも配合。
肌に塗ると透明になるクリームなので外出時の使用もOK!
全身にニキビができやすい方にオススメです。(参考サイト:シワを目立たなくする方法

夜も働く看護師さん

働く女性の職種のなかでも、勤務時間が不規則で大変そうな仕事にあげられるのが看護師さん。看護師さんといっても、クリニックや病棟のない病院の勤務なら、夜勤勤務などがないでしょうから、大変なのは仕事内容になってきますが、
病棟勤務の看護師さんの場合、夜勤や休日出勤はさけては通れませんよね。夜勤の勤務時間にも、準夜勤、深夜勤務と分かれているそうです。
準夜勤の勤務時間は、16:30~0:00。深夜勤務の勤務時間は、0:00~8:30。どちらにしても、辛い時間・・・。

スキンケアの基本

寒さが厳しくなってきたと言うか、冬らしい季節になったと言うか・・・
冬と言えば、何かと肌トラブルが起きやすい季節でもあります。
とくに多いのは、「乾燥肌」ではないでしょうか。

肌トラブルを改善する基本中の基本は、毎日のスキンケアです。
スキンケアの基礎知識として、基本の4ステップはクレンジング→
洗顔→化粧水→保湿(美容液)ですね。

最近では、この4ステップが1本でまとめてケアできるオールインワン化粧品などもあります。
また、毎日のスキンケアは朝と夜の1日2回行うと良いと言われています。
その中でも、実は何よりも"化粧水"が大切だそうです。
何と言っても、乾燥肌対策にはたっぷりの保湿が重要ですからね!


私も美容のプロではないので、まだまだ知識不足なのですが、
日々、肌トラブルを改善する努力は続けていきたいものです。

シミの原因はDNAの損傷

シミができる原因といえば紫外線なんですが、紫外線を浴びたから
すぐできるということではないんです。

どちらかというと紫外線を浴び続けたことで蓄積されたダメージが
肌細胞のDNAを破壊して、それが原因で過剰なメラニンを生成し続ける
ようなバカになったメラノサイトがでてくることが原因です。

バカになったメラノサイトのせいで過剰なメラニンが放出されるように
なると肌のターンオーバーでも排出しきれないメラニンがでてきます。

これがシミが残ってしまう原因なんです。年齢とともに肌にシミが残り
やすくなるのは、こうしたDNAの損傷に加齢によるターンオーバーの遅れ
が重なるからなんですね。

対策としてはやはり紫外線対策が不可欠です。

メラニンの生成は美白化粧品で抑えられるからといっても紫外線による
ダメージが原因のDNAの損傷は避けられないからです。

美白もできる保湿化粧水など便利なものもありますが、やはり肌を守るには
紫外線対策が何より重要だということなんですね。

ターンオーバーの乱れはピーリングなどを使ってカバーすることも
できますが、やりすぎると逆に未熟な角質層ができる原因になるので
あまりおすすめはできません。

風邪を引いたようです。

咳が出ています。

鼻水は鼻の奥で粘ってるようで喉の奥に絡みつくような感じです。

つばを飲み込んでも下に落ちていかず苦しい感じ。

肩こりもしてきました。ということは・・・頭痛もプラスされそうです。

あ~、バファリンのお世話にならなくてはいけないかも。

暖かいものでも食べてからだの芯からあたためなくては・・・

だかといって何を食べたらいいんだか。

買い物に行くのも面倒で冷蔵庫の中身はたいしたものが入っていません。

野菜はじゃがいも、レタス、長ネギ、大根くらい。

卵と鮭フレークがあります。

揚げるだけの春巻きもあります。

なんかバラバラな感じですよねぇ。何を作って何を食べればいいんだか・・・

気分的にはモヤシをたっぷり入れたキムチ鍋が食べたいですが、その材料は何ひとつありません(笑)

残念!!!!!

とりあえず、ワカメの味噌汁でも作りますか・・・

で、あとは??どうする?面倒だから揚げるだけの春巻きでも揚げちゃいますか。

出汁巻き卵でも作るかなぁ。

ていうか、あったかい食べ物がなくないかい?身体をあたためたいのに味噌汁しかないよ・・・

その前に体調がやっぱりよくないのか何も作りたくない。

このままだと熱も出そうだわ。逆に動いたほうがいいのかも。

黙ってたら病人になっちゃいそうです。

そろそろインフルエンザの予防接種の時期ですねぇ。

子供達に受けさせなきゃ。受けずにいて重症になるのはかわいそうだからね。

1人2回、それを3人分・・・結構な出費だな、おい!

旦那にいっぱい残業して稼いできてもらわないと。頑張れパパ!子供達の為に!!

 

真夏のホットな食べ物

いつも行く近所のコンビニで衝撃的なものを見てしまいました。
レジの横に堂々と置かれたもの。
おでんです。
我が目を疑いました。
え?おでん?!
8月にもうおでん?
毎日のように記録的猛暑ってニュースでも言ってるのに、おでん?
本気ですか、店長。
開始時期は本部からの通達があるのかもしれないけど、今やるかなあ。
誰も買わないでしょ、と思って見ていたのですが、レジに並んでいた男性が言ったのです。
「大根とがんもとつくねと...あと厚揚げちょうだい」
お客さん、ガッツリですなあ。
意外と需要あるんだ、と二重にびっくりした夏のおでんでした。

ここんところ酷く暑いですよね。我が家は非常に貧乏なので現在クーラーナシ生活。。
テレビみてたら某タレントの方が
「貧乏なときは、暑くてクーラー目当てで一日中山手線のってましたねー」
って言ってました。うん。
うちの貧乏度はまだ全然マシだ。笑

とはいえ暑いので窓全開にしてるのですが、我が家は比較的高層階なので風通しが良くて非常に気持ちイイんですよね。
夏がきたんだなあと実感する一瞬です。
四季を考えてみると、春一番とか、木枯らしとか、季節を告げる者というのは往々にして風だったりするみたいですね。

とまあとかく夏なわけでありまして、若々しさとみずみずしさこそが映える季節...
年齢が上がってくると、もはや苦痛でしかない季節になってしまうのかもしれませんね。
ちゃらちゃらしてる若者がいる一方で額に汗をかきかき営業するサラリーマンなんか対比的です。
年齢が上がっても、若々しさを保つ、そんな秘訣は
が一番手っ取り早いのではないでしょうか。
みなさんも実践してみて下さい。