2014年5月アーカイブ

紫外線の悪影響のひとつ「活性酸素」

良い天気だなー。

と朝から運動しようと思ってましたが、昨日のNHKで朝夕の紫外線で
目を傷めるという内容をやっていたので二の足を踏んでしまいました。

日焼け止めも必須ですが、これからはサングラスも必須になりそうです。

目や肌の紫外線対策でいえることは抗酸化成分で酸化を予防することが
大切だってことですよね。抗酸化成分を摂取するのもいいですし、
肌に塗るのもいいと思います。

これからの季節は皮脂分泌が増えることも考えると酸化を防げてなおかつ
皮脂も防げるというビタミンCでケアすることが大切かな?と思います。

>>オバジCのニキビ・ニキビ跡への効果は?

うーん、しかし、紫外線というのはなんでこんなに人体にデメリットばかり
なんでしょうね。ビタミンDの生成に不可欠というメリットはありますが、
それにしてもダメージのほうが大きいような気がします。

噂によるとあえて紫外線に弱いように遺伝子操作されて寿命を短くされたとか
昔の天変地異の影響で降り注ぐ紫外線の量が変わってしまったとかいろんな話が
あります。

ちょっとSF小説の読み過ぎでしょうか。

アトピー性皮膚炎は大変だよ!?

体験したことがない人は年をとって老人性乾皮症になるのを待ってもらうしか
ないんですが、アトピー性皮膚炎は大変です。

完全治癒というのは難しくて症状が気にならなくなるまで抑えるというのが
治療の目標ということからもわかるように一生付き合う病気なんですね。

ステロイドなどを抗炎症作用のある薬で症状を抑えても冬になると乾燥して、
かゆみがでてきたり、夏になれば汗に反応してかゆくなったりと大変です。

春は花粉がとびかってますからそれに反応する人も多いはずです。

大人のアトピーになると顔や上半身にでやすいということでお腹とか目の周りが
乾燥して痒くなったり、首周りがジュクジュクしてきます。

乾燥肌だと思ったらアトピーだったというケースがよくあるように突然発症する
という点もやっかいなところなんですね。詳細:大人アトピーは突然発症する!

もともとアレルギー体質の人はストレスの影響で突如発症することがあるので
注意が必要です。新生活がはじまって1ヶ月ぐらいと5月になると疲れとストレスが
溜まってくる頃なのでこの時期ちょっと心配ですよね。

乾燥はもちろんなんですが、かゆみがアトピーの合図なので、体が温まると
かゆいとか汗をかくと痒いとかそういう症状があるようなら注意しましょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。